ジムで泳ぐ女性に最適なのはゆるふわ女性用ゴーグルじゃない

3年くらい前から近所の区民プールで1000mほど泳いでいます。泳ぎが得意でない私は、当初、できるだけ「フィットネスっぽい」女性向けのものを選んでいました。ジムのプールでゆるゆると泳ぐにはこれが最適なはずと。しかし、水着はさほど問題ないのですが、ゴーグルはそれではダメだ……フィットネス目的で水泳を始める女性に最適なのはゆるふわ女性向けゴーグルではない!ということに、3代目のゴーグルでやっと気づいたのです。

フィットネスに最適なゴーグルってどんなのだろう……

もともと5年くらい前から、美容と健康のためにゆるゆるランニングをしており、今もぼちぼち続けています。5kmくらいを、フォームと心拍数を意識してゆるゆる走るだけのランニングです。ときどきモチベーションを高めるために、早く走る練習をしてみたり、5kmや10kmのレースに出てみたりしていますが、少し無理をすると、すぐに膝が痛くなります。お医者さんには「鍛えていくしかない」と言われましたが、痛いときは走らないほうがいいとも言われ、どうしたらええねん、となったときに、膝や腰に負担がない有酸素運動といえば、水泳だ! というのが、それまで避けてきた水泳を始めたきっかけでした。

でも、クロールで25m泳げるかすら危うい、フォームもきっとブサイクだろう。そんな私が、速く泳げそうなかっこいい水着やゴーグルを身につけるのは恥ずかしい。ビギナーのお作法としても、柔らかめの女性向けのものを選ぶのが最適だろうと思いました。むしろ、フィットネスにはそのほうがよいだろうと。

VIEW(ビュー) VIEWFRAU V820 で、ほどよくデビュー

で、最初に買ったのがこれ、VIEW(ビュー) VIEWFRAU V820 でした。

view.jpg

フィットネスに最適な女性専用ゴーグルで、「跡がつきにくいソフトパット仕様」という謳い文句にも惹かれたのと、ビジュアル的にも見るからに「ゆるふわ」「ガチじゃありませんよ〜」感が出ているところが、自分にぴったりだと思って選びました。

確かにソフトで付けやすかったです。が、もともと顔の幅が狭く、左右の目の距離が短い私にはどうしてもサイズがあわず、目のくぼみにぴったりフィットしません。結果、めちゃくちゃ浸水します調整ができないので、運良くぴったり合う人はいいのだと思います。残念ながら、私には合いませんでした。

他に気になった点ですが、まず、かなり曇ります。曇り止めを塗るのが必須なのかもしれません。そして、ストラップのアジャスターがサイドにあって、調整しやすいのですが、こめかみあたりが痛い。気になってしまって、不快でした。

とはいえ、定価1,700円、Amazonでは1,400円弱。この価格帯ならこんなものなのかもしれません。かなりのお手頃価格ですから、続けるかどうかわからないのに、いきなり高いのは買えません。手始めには、これでよかったのだと言い聞かせ、しばらくはこれでいこうと思っていました。なのに言い聞かせたところで、プールに置き忘れ、無くしてしまいました。

2代目はより見た目を意識して Speedo Biofuseゴーグル女性用

半年もたたないうちに初代の VIEWFRAU を無くしてしまったので、急きょ、新調することに。プールの雰囲気にも慣れてきて、下手なりにのろのろクロールで20往復(25mずつを休み休みで1000m)泳げるようになっていました。でも、先ほど書いたような VIEWFRAU の難点を、この時点でちゃんと認識できてはいませんでした。よく知らなかったので、「こんなものだ」と、まだ思ってしまっていました。

なので慌てて買った2代目も、やはり女性用の、ちょっとオシャレっぽいやつ、みたいな感じで選んでしまいました。それがこれ。Speedo(スピード)Biofuseゴーグル SD93G03C(女性用)です。

speedo.jpg当時の私は、前のVIEWに対して、巨大な「ソフトパッド」とやらのせいで目のくぼみに合わず浸水が激しい、という程度の評価だったので、同じ女性向けで視界が広そうでガチじゃなさそうで、でも変なパッドがついてないやつ、で見た目もそこそこかわいいやつ、ということでこれを選んだわけです。

VIEWFRAU よりは随分よかったです。多少くもりにくいと感じました。でも、ここでなんとなく気づき始めたのです。やっぱりこめかみのアジャスター痛いぞ。思いっきり蹴ってスタートを切ると、なんかズレるぞ、浸水するぞ、これって普通なのかな? 本当に「女性専用」的な「優しさ」にこだわるべきなのかな?と……。

恐縮しつつも SWANS 競泳用ゴーグル SRX-MPAF をチョイス

2代目の Speedo Biofuseゴーグルを使って1年ほど泳いでるうちに、泳いでいる最中の快適さを求めるようになり、他の人のゴーグルにも目が行くようになり、いろいろわかってきました。

  • レンズとフェイスパッドは小さいほうが私の目のくぼみに入り込んでズレにくそうだ
  • レンズとレンズの間の距離は調整したい
  • こめかみのアジャスターは痛い、後ろでいいんじゃないか?
  • ストラップは後ろだけ二股に分かれているよりも、2本で輪になってるやつのほうが頭の形や押し込んだ髪の毛のボリュームに合わせやすそう
  • くもり止めを買うか、くもりにくさを売りにしたレンズがいい
  • 他人は、私がどんなに泳げそげなゴーグルをしていたところで、見てない気にしてない

一念発起して、ちょっとガチっぽく見えるゴーグルから検討を始めました。といっても本当に競泳をやっている人が着けるような高いのではもちろん、ないです。2,000〜3,000円で買える、あくまでフィットネス用途で使うレベルの価格帯のもの、です。

そこで選んだのが、SWANS(スワンズ)競泳用スイミングゴーグル SRX-MPAF です。

swans.jpg

なんとなく、色もこんな濃い感じで、絶対ないわーーーと思っていたミラーレンズのものを選びました。気合のあらわれです。もちろん、レンズとフェイスとストラップの組み合わせはいろいろで、17パターンありました。ミラーレンズじゃないパステルカラーっぽいものもあります。でもなんとなく、これを選んでしました。

結果として、先ほど書いた課題がすべて解決できました。

◆ レンズとフェイスパッドは小さいほうが私の目のくぼみに入り込んでズレにくそうだ

→ そのとおりだった。くぼみにしっかりはまり込み、キュポっと吸い付くようにフィットした!

女性用はソフトで跡が付きにくくするために、くぼみに入り込まない仕様になっていたのでしょうか。とても優しいけども、それでは浸水するのです。入り込んでキュポッが最高とわかりました。もちろん浸水しにくいです。スタート時に強く蹴って進んでも抵抗が少なくズレにくいです。レンズが小さいと視界が狭いと思っていたけど、逆によく見えるので視界が広く感じました。跡がつくかつかないかと言われると、多少つくのかもしれないけど、1時間強付けて泳いだ後、外してシャワー浴びてるうちに消える程度です。42歳でも、です。

◆ レンズとレンズの間の距離は調整したい

→ レンズとレンズの間をつなぐ「鼻ベルト」が5サイズ付いていて、調整可能だった!

目止めの間隔問題。これは、鼻ベルトが5サイズ(S、M、L、O、X)入っていて、パキっと外して取り替えられます。わたしは一番小さいやつか2番目がちょうど良かったです。初代&2代目に買ったような「女性に優しい」をうたうゴーグルこそ、ここ、できてほしかった。でもお財布にも優しいとなると、こういう細かい設定は難しいのでしょうね……。

◆ こめかみのアジャスターは痛い、後ろでいいんじゃないか?

→ 後ろでよかった。横にある必要ぜんぜんなかった!

後ろにあると、女性の場合、髪の毛が入っているので、何の違和感もなく、頭のどこにもアジャスターの硬いのが当たらなくて、とても快適だった。

◆ ストラップは後ろだけ二股に分かれているよりも、2本で輪になってるやつのほうが頭の形や押し込んだ髪の毛のボリュームに合わせやすそう

→ その通りだった!

髪の盛り上がりを避けるだけでなく、例えば、下側をより下にしてフィット感を高めたりという細かな調整ができて、より浸水を防げました。

◆ くもり止めを買うか、くもりにくさを売りにしたレンズがいい

→ めっちゃくもりにくかった。ANTI-FOG 仕様らしい。

結果として、くもり止めは使っていません。ANTI-FOGと書かれていて、くもりにくさを売りにしているようでした。もちろん多少はくもりますし、レンズの内側は触らないほうがいいです。が、今までのものとは比較にならないくもりにくさでした。SWANS のくもり止めもいいらしいので、併用するとさらにいい感じかもしれません。。

◆ 他人は、私がどんなに泳げそげなゴーグルをしていたところで、見てない気にしてない

→ 恐縮する必要なし。

でした。何を気にしてたのか、お前など誰も見ておらぬわ。

SWANS で今とても快適です

というわけで、今はとても快適です。ランニングのときのサングラスもSWANSでした。コスパがとてもよいのだと思います。SRX-MPAF は、FINA(国際水泳連盟)承認モデル だそうですよ。これからフィットネス目的で水泳を始める、女性の皆さんには、同じ轍を踏んで欲しくないので、最初からこれを買ってみることをオススメしたいです。が、もちろん、自分でいろいろ体験しながらステージを上がっていく楽しさもありますので、いろいろ試してみるもよし、です。

以下、歴代の私のゴーグルまとめ。

ご参考になれば幸いです。